自然共生 発酵黒にんにくを注文してみました。

ネットで話題の「自然共生 発酵黒にんにく」を注文してみました

皮のままのにんにくの画像が目を引くウェブ広告が話題の「自然共生 発酵黒にんにく」です。健康増進、滋養強壮を目的とした健康食品と言えば、錠剤やドリンク等のサプリメントを思い浮かべますが、食材をまるのまま販売している健康食品というのも珍しいのではないでしょうか。とは言え、中身のにんにくの果肉は黒く変色していて、発酵させた黒にんにくという商品であるとのこと。とりあえず評判は話半分で聞いておき、実物を食べてみるために一度注文してみることにしました。公式ページではにんにくが「バラ」と「玉」で販売されており、私は値段が若干お手頃な「玉」の方を選択、リンクを伝って購入ページへと進んでいきます。後になって分かったのですが、アマゾンの公式ストアでも購入できるようです。どちらで購入しても違いは無いみたいですが。さて注文から3日後、商品が到着です。ゆうパックでした。箱の中にはパッケージされた黒にんにくのパック本体と、商品や会社について紹介するパンフレット数通が同梱されています。クール便ではなく通常小包で送られてくるということは、常温で問題のない商品ということなのでしょう。賞味期限まで4か月程となっていました。

実際に食べてみました

見た目はにんにく、そのものです。皮を剥いてみると画像で見ていた通りの黒い果肉が出てきました。臭いを嗅いでいると、微かににんにくっぽい匂いがする感じですが、ほとんど気にならない程度と言って良いでしょう。ひとつ口に入れて食べてみます。味は甘酸っぱくて柔らかく、ドライフルーツのようで美味しいです。発酵されているのでにんにく特有の刺激が少なく、胃の弱い人でも気にせず食べられると思います。また、無添加の自然食品なので薬を服用している方にも安心でしょう。

得られた効果

私が購入したのは4玉入り180gの商品でしたので、1日1片ずつばらして食べてだいたい20日間は試すことができました。食べた瞬間から元気が湧いて…といった感じではありませんでしたが、次の日の朝から目覚め良く、熟睡感が違うと感じられました。私は元々低血圧ぎみで冷え性なのですが、心なしか血の巡りが良くなったという感覚で、手や足などなかなか血液が行き届かない末端も、じんわりと温かく感じられるようになった気がします。貧血の方にも効き目があると思います。にんにくから想像する活力を食べているという心理的な影響もあるかも知れません。前向きで明るい気分でいられることが多くなった気もします。

期待の成分

「自然共生 発酵黒にんにく」は、青森産ホワイト六片種のみを完全自己発酵させて作られる無添加食品です。青森県の自然の中で大切に育てられた最高クラスの大玉にんにく「A級L玉」を使用し、内部からの自然発生的な自己発酵によって栄養価を飛躍的に高めることに成功しています。分析結果では、S-アリルシステインやポリフェノールといった抗酸化物質、スコルニジンとといった代謝促進成分などが倍増しているので、老化防止、血流促進、滋養強壮などの効果に有意な違いが期待できるのでお勧めしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です