健康づくりのための食生活

現在まで大きな病気にかかることなく過ごす

1afafaf3

幸いなことに私は、40年近い人生の中で、現在まで大きな病気にかかることなく過ごすことができました。「健康に気をつける」ということは、物心がつくころから念頭に置いている気がします。子供の頃に母親から「早寝早起きを心がけること」、「野菜をたくさん食べること。」、「体力をつけるために運動をすること。」など、基本的なことを日々言われ続けてきました。そのことが頭にあり、未だに食べ過ぎてしまった時、塩分を摂り過ぎてしまった時、運動不足の時などは、「明日からは気をつけよう。」と度々反省させられています。

本来、健康面を考える必要がなければ、好きなものを好きなだけ食べ、体も動かしたい時だけ動かせばいいという生活である方が楽なはずです。ですが、健康と若さを保つために、自制しながら、地道な努力を続ける意識の高い人が私の周りには多い気がします。誰しもが、健康で生き生きと、できればきれいに年を重ねていきたいという望みを持っているのではないかと思います。

普段から食生活では、メディアから「美容やダイエット効果がある」、「貧血、冷え性の緩和に良い」などの情報を耳にする度に、即実行するようにしています。

例えば、栄養効果の高いと言われる、キヌア、チアシード、クコの実などのスーパーフードを試してみたり、発酵食品や体を温める生姜を進んで摂るようにしたり、疲労が溜まった時は、回復効果をもたらす、にんにくやレモンを摂取したりしています。

にんにくは、滋養強壮、体力回復効果

1afffd18

にんにくは、滋養強壮、体力回復効果があるということで、日頃から我が家には常備してあります。にんにくの栄養効果は、動脈硬化、高血圧、ガン予防、ダイエット、美肌、アンチエイジング、冷え性の改善、快眠作用、抗ストレス、LDLコレステロール値の上昇を抑制する効果、風邪予防と様々です。前々から体に良いことは知っていましたが、こんなにも身近でありながら、効果や効能が幅広く、万能薬であるとは知りませんでした。

にんにくの効果や香りをより高めるために、調理時の扱いにも方法があり、切ったり、すりおろした後、10分ほど置き、酵素が十分に活性化されてから食べるようにするといいそうです。

食後の臭いが気になるため、人に会う前は控えるようにしていましたが、緑茶や牛乳を飲んだり、野菜や果物を摂ることで緩和されるそうです。安心して、毎日食べ続けていきたいと思います。

数年に一度の健康診断の結果にホッとしたり、年に数回、風邪を引いたり、熱を出してしまった時など以外は、健康でいることの幸せ、ありがたみに感謝する気持ちが希薄になりがちです。

  • 健康診断
  • 感謝する気持ち
  • 日々の生活
  • 日々の生活が、どれだけ健康に支えられているか、生き生きと元気でいることが、どんなに人生を豊かにさせ、快適に楽しくさせているのかを改めて見つめ直し、感謝したいと思います。

    mimiamfia

    日本人はとにかく餃子が好き

    餃子は日本人の国民食

    餃子は日本人にとって国民食とされるほど食されています。焼き餃子や水餃子などを家庭で作ることも多く、宇都宮や浜松などは餃子の町として有名になりました。パリパリの皮の中からあふれ出る肉汁は想像するだけでもよだれが出てきます。
    餃子は戦後、満州など大陸から引き揚げてきた日本の兵士たちによって広められた料理とされており、中国では餃子と言えば水餃子が主流なのに対し、日本に入ってきた餃子はより日本人の好みに合わせたアレンジがほどこされ、焼き餃子として広まったと言われています。手軽に作ることができる焼き餃子はラーメン屋などで定番メニューとなり、やがて庶民の間に広まっていきました。
    ご飯のお供としても美味しく、ビールのお供としても美味しい焼き餃子は口コミによって全国に広がり、子どもから大人まで大好きな国民食になっていったのです。

    餃子は栄養豊富

    餃子が日本人に愛されている理由は他にもあります。
    餃子は具材のアレンジが豊富でさまざまな食材と合わせることができます。そのためたくさんの栄養を餃子で取ることができます。餃子の具材は例をあげるでだけでも、キャベツ、ニラ、にんにく、ひき肉、しいたけ、しょうが、白菜などたくさんの食材があります。ビタミンや食物繊維、たんぱく質などを一度に取ることができる料理なのです。食物繊維はコレステロールを下げ腸内環境を整えてくれますし、たんぱく質はエネルギー源になります。また最近では餃子ダイエットなども注目を集めています。自宅で手軽に作ることができるだけでなく、たくさんの栄養を取れることも餃子が愛されている理由なのです。

    においだけじゃないにんにくの効果

    餃子に欠かせないのがにんにくです。餃子を食べたあとはにんにくの臭いが付くということで敬遠される方もいますが、にんにくにはそのぶんさまざまな効果があるのです。
    にんにくは殺菌や抗菌に優れています。にんにくを切ったり、すりおろしたときに発生する「アリシン」という成分はものすごく強力なパワーを秘めており、さまざまな菌に対して効果があることが分かっています。食中毒やインフルエンザの予防などにも有効だと言われています。ただし強い殺菌作用は食べ過ぎると逆に人の体の中にある善玉菌までもを殺してしまいます。そのままかじるようなことさえ無ければ大丈夫ですが、加熱したものであれば3片以上食べるとお腹を壊すことがあります。食べ過ぎたときはヨーグルトなどでお腹の調子を整えましょう。そしてくれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

    他にもにんにくには疲労回復や老化の防止、冷え性の改善や、血液をサラサラにしてくれるなど、挙げたらきりがないほどの効果があります。これだけの効果があれば臭いがどうこうなどとは言っていられません。ぜひ餃子をたくさん食べて、にんにくの効果にあやかりましょう。

    自然共生 発酵黒にんにくを注文してみました。

    ネットで話題の「自然共生 発酵黒にんにく」を注文してみました

    皮のままのにんにくの画像が目を引くウェブ広告が話題の「自然共生 発酵黒にんにく」です。健康増進、滋養強壮を目的とした健康食品と言えば、錠剤やドリンク等のサプリメントを思い浮かべますが、食材をまるのまま販売している健康食品というのも珍しいのではないでしょうか。とは言え、中身のにんにくの果肉は黒く変色していて、発酵させた黒にんにくという商品であるとのこと。とりあえず評判は話半分で聞いておき、実物を食べてみるために一度注文してみることにしました。公式ページではにんにくが「バラ」と「玉」で販売されており、私は値段が若干お手頃な「玉」の方を選択、リンクを伝って購入ページへと進んでいきます。後になって分かったのですが、アマゾンの公式ストアでも購入できるようです。どちらで購入しても違いは無いみたいですが。さて注文から3日後、商品が到着です。ゆうパックでした。箱の中にはパッケージされた黒にんにくのパック本体と、商品や会社について紹介するパンフレット数通が同梱されています。クール便ではなく通常小包で送られてくるということは、常温で問題のない商品ということなのでしょう。賞味期限まで4か月程となっていました。

    実際に食べてみました

    見た目はにんにく、そのものです。皮を剥いてみると画像で見ていた通りの黒い果肉が出てきました。臭いを嗅いでいると、微かににんにくっぽい匂いがする感じですが、ほとんど気にならない程度と言って良いでしょう。ひとつ口に入れて食べてみます。味は甘酸っぱくて柔らかく、ドライフルーツのようで美味しいです。発酵されているのでにんにく特有の刺激が少なく、胃の弱い人でも気にせず食べられると思います。また、無添加の自然食品なので薬を服用している方にも安心でしょう。

    得られた効果

    私が購入したのは4玉入り180gの商品でしたので、1日1片ずつばらして食べてだいたい20日間は試すことができました。食べた瞬間から元気が湧いて…といった感じではありませんでしたが、次の日の朝から目覚め良く、熟睡感が違うと感じられました。私は元々低血圧ぎみで冷え性なのですが、心なしか血の巡りが良くなったという感覚で、手や足などなかなか血液が行き届かない末端も、じんわりと温かく感じられるようになった気がします。貧血の方にも効き目があると思います。にんにくから想像する活力を食べているという心理的な影響もあるかも知れません。前向きで明るい気分でいられることが多くなった気もします。

    期待の成分

    「自然共生 発酵黒にんにく」は、青森産ホワイト六片種のみを完全自己発酵させて作られる無添加食品です。青森県の自然の中で大切に育てられた最高クラスの大玉にんにく「A級L玉」を使用し、内部からの自然発生的な自己発酵によって栄養価を飛躍的に高めることに成功しています。分析結果では、S-アリルシステインやポリフェノールといった抗酸化物質、スコルニジンとといった代謝促進成分などが倍増しているので、老化防止、血流促進、滋養強壮などの効果に有意な違いが期待できるのでお勧めしたいですね。